スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

つくつあるけ (福音館 あかちゃんの絵本) [単行本] 林 明子 (著)

評価:
林 明子
福音館書店
¥ 735
(1986-06-20)
Amazonランキング: 21581位
Amazonおすすめ度:
いい反応
子供は、でてこなくても
0歳から

くつを履いているはずの赤ちゃんの姿は描かれておらず、くつだけが、走ったり飛んだりする、ちょっと不思議な
雰囲気。その分、くつが変化する様子がていねいに描かれていく。表紙の、ぱりっとしたくつの黄色いヒモは、ほ
どけたまま。表紙をめくれば、ヒモは結ばれていて、出発の準備は万端。転んだ後、起き上がろうとするくつには
しわがよって、ゆがみ、赤ちゃんがしっかり力を入れている様子が目にうかぶ。そして、おさんぽを終えたくつは、
くたっとやわらかく、お疲れさま、と声をかけたくなる風情だ。歩き始めたばかりの赤ちゃんに、おさんぽの前に
も、後にも、読んであげたい。
幼児向け絵本小学1-2年生向け絵本しかけ絵本外国の絵本世界の名作おとなの絵本遊び絵本知育絵本

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL